Sant'Anna School of Advanced Studies
Sant'Anna School of Advanced Studies

イタリアの研究者チームが、糖尿病患者が針を身體に刺すことなくインスリンを投與できる體內ロボットを開発しています。


このロボット送達システムは、フリップフォン、つまりガラケーほどの大きさのロボと本體を、小腸と連結する腹壁に沿うように埋め込み、使用者がインスリンを蓄えたカプセルをセットで利用します。

カプセルは経口で腸內を進み、ロボット本體と隣接するあたりで互いに磁力で固定されます。磁石サンドイッチ式の窓や水槽クリーナーを思い出すとわかりやすいでしょう。

上手くカプセルが固定されれば、こんどはロボット本體から穿刺がカプセルに伸び、リザーバータンクにインスリンを吸い出します(このときだけ、小腸に小さな穴を開けることになります)。

インスリンの補給が終われば、本體は磁力を弱めてカプセルをリリースします。カプセルはドッキングステーションを離れて消化管を出口に向かって流れ、最終的に外界へプリッと帰還します。


ロボット本體はバッテリーで駆動しているためときどき充電が必要になりますが、充電ケーブルを身體に挿す必要はなく、スマートフォンなどで一般にも広まっている非接觸充電方式を採用しています。なお、ロボットの操作はモバイルアプリで可能なので、スマートフォンからインスリンの投與操作を行えます。

このシステムが完成すれば、日に何度もインスリン投與が必要なⅠ型糖尿病患者にとって非常に役立つものになりそうです。

現在でも注射器ではないポンプ式のインスリン投與機器はありますが、それらはたとえば體內に針やチューブを挿入して外部のポンプからインスリンを送り込んだり、または體內埋込式のポンプでも體外に引き出したチューブからインスリンを補充する必要があり、使用する前にインスリン投與の利便性と細菌感染のリスクを天秤にかけて判斷しなければなりません。

その點、體外に引き出すチューブが必要ないのは大きなメリットと言えるでしょう。


イタリア?サンターナ大學院大學の生物醫學ロボット工學教授で、今回の論文著者のArianna Menciassi氏は、豚を使ったプロトタイプによるテストで目的とする動作が可能なことを確認し、數時間にわたって豚の血糖値をコントロールできたと説明しています。

またこのシステムはインスリンに限らず、たとえばがん患者に化學療法を施すのにも応用が可能と研究者は述べています。


Source:Science Robotics

via:IEEE Spectrum